top of page
  • 執筆者の写真株式会社あわえ

サテライトオフィス企業との新しい協働のカタチ

シミックヘルスケア・インスティテュート㈱様は治験・臨床研究支援事業やヘルスケア情報サービスを通し発展してきた会社です。 これからは医療領域にとどまらず、健康、未病・予防、予後という「ひとの一生」に寄与したいという想いから健康を考えるまちづくりを一緒にできる自治体様を探していました。 そこで「株式会社あわえ」のマッチングイベントに参加いただき、イベント参加からなんと3ヶ月というスピードで和歌山県へのサテライトオフィス進出の方向性が決まりました。


今年日本では大雨により熱海や中国九州地方に甚大な被害をもたらしました。 コロナ禍ですが、避難所では密にならざるを得ない状況で、生活維持のためにも外部からの人の出入りを完全に防ぐわけにはいきません。


そこで、せっかく自治体との深いコネクションをもつ弊社と、協働で何かできないか?とお声がけを頂きました。


三嶽社長からのご提案は、COVID-19抗原検査キットの寄付です。 被災されたエリアの人々に、健康へ何らかの形で寄与したい、とお申し出くださいました。 今回被災された弊社の顧客自治体へお声がけし、みなさんからは喜びの声を続々いただきました。

まさに街づくりの中心、人の健康に「株式会社あわえ」が直接関与できることは少ないけれど、こうしたご縁でお役に立てることをとても嬉しく思いますし、素敵なお申し出をいただいたシミックヘルスケア様に改めて感謝申し上げます。

「株式会社あわえ」は単なる企業誘致ではなく、これからも地域への想いをもった企業と自治体とのつながりを創って参ります。


*写真は、寄付を受け取った江津市役所の職員さま。


Comments


bottom of page