top of page

RYO TANIGUCHI

谷口 諒

52255324173_5597529b50_o (1).jpg
谷口_モットー_透過.png

PLACE

小千谷

コミュニティマネージャー

52260778972_f1e072b1ff_o.jpg

​プロフィール

新潟県小千谷市出身。法政大学文学部英文学科卒業。
株式会社ツクルバにてNEXs Tokyoコミュニティマネージャーを担当。
施設運営だけでなく会員スタートアップと
自治体や大企業とのつなぎあわせや関係構築をサポート。
転職を検討していた時期に小千谷オフィスコミュニティマネージャーの求人を知り、地元である小千谷市でこれまでの知見を活かして仕事ができる数少ないチャンスだと思い、入社を決意。

PROFILE.png

地方と関わるきっかけ

学生時代、日本の魅力を世界に向けて発信するというテーマのコンテストに出品したことがきっかけで

地方に興味を持つようになりました。

コンテストで賞をとった後は運営側にボランティアで関わったりして、長野、宮城、山形など様々な地方を訪れ、

周りの人たちと一緒に映像や作品を作り上げる一体感が面白いと思うようになりました。

そこで新卒では広告制作の会社に入社し、様々な広告制作業務に関わりました。

それはそれで楽しかったのですが、もう少し自分の手に職ではないですが、

スキルも身に付きかつキャリアアップにもつながると考え、IT関連の企業に転職し、

ウェブサイトのディレクターを経験しました。
仕事も順調だったのですが、コロナの影響でリモートワークが増え、通勤もほとんどなくなり、

当時住んでいた池上という地域を出歩く機会が多くなっていました。

地域の人と何気ない会話をすることが増えたおかげで、

自分が住んでいる生活圏以外の仕事を一生懸命やっていることに少しずつ違和感を感じるようになったんです。

自分が暮らしていて、交流のある地域の人たちのために何かできる仕事はないんだろうか。

そこで出会ったのが、コワーキングスペースとコミュニティづくりを運営する会社でした。

池上に限らず、その地域と外部の人との関わりじろを創っていく仕事で、

自治体職員や経営者などたくさんの人との出会いもあり面白かったし、

自分のキャリアにもプラスになったと思います。

学びから実践フェーズへ

そのうちに、地元の小千谷と関わる仕事がしたいと考えるようになり、

副業でできることはないだろうかとかいろいろ模索しました。

で、考えた結果、小千谷とそういう人が関わりしろを創るところからやらないとダメだなと思い、

あわえの募集を知って応募しました。

今までは、自分の可能性をいかに広げられるか、スキルが身についたり、

キャリアにプラスになるかという視点でしたが、もうその学ぶフェーズではなく、

今まで培ったものを実践していくフェーズに行きたかったんです。これ以上学んでもしゃーないよな、という(笑。実践しながら学んでいく、それを生まれ育ったゆかりのある小千谷で挑戦できるチャンスだと思っての応募であり、僕にとってはキャリアチェンジの転換期でした。

テレワークステーションおぢやでの挑戦と実践

テレワークステーションおぢやでは、

地元の高校生が進学や就職をきっかけに小千谷市外に出ていってしまうので、高校生と最新のテクノロジーが体験できる場や、

それをどう地元の地域課題解決に結びつけるかという啓蒙のイベントをしています。

また、テレワークステーションおぢやがある本町商店街は、開いているお店が少なくなりつつあるので、ポップアップショップを企画して、

地元事業者さんと協働で新しいイベントづくりにも取り組んでいます。
これからは、もっと若い人たちが小千谷市に関わることができるインターンシップの企画や、

小千谷にゆかりのある方が短期滞在できるような関わり方をもっと模索していきたいと考えています。

IMG_1249 (1).JPG

プライベート

たまに東京に帰って、小千谷との二地域居住をしています。

妻が東京にいるので、都会の空気を吸って、また新鮮な気持ちで故郷を見ることができるので、

とてもいい環境です。

音楽やラジオも好きで、テレワークステーションおぢやでは絶えずBGMを流しています。

特に1階のスペースは、いろんな人が会話や交流をして、わいわいがやがやしながら、

何かが生まれていく空気感をつくりたいんです。

スポーツ観戦が好きで、会社のメンバーともサッカーやプロレス観戦したりしています。

R0002748_Original (2).jpg

8:00

起床

8:50

出社

9:00

テレワークステーションおぢやオープン

10:00

社内定例MTG

12:00​

お昼はお弁当持参

13:00​

小千谷市と商談中の企業と打ち合わせ

15:00

施設利用者の対応(適宜)

16:00

放課後は高校生の利用が増えます

17:00

その日の残タスクを整理

18:00

夜勤務のスタッフに受付業務引継ぎ(施設は20時クローズ)

19:00

退社

19:30

夕食

21:00

自由時間(動画見たり本読んだり)

24:00

就寝

SCHEDULE.png

​ある日のスケジュール

PLACE

小千谷

52984983681_b34a477927_o.jpg

RECRUIT

​採用情報​

日本の地方をもっと元気に

地方の力で日本を元気に

bottom of page