top of page
  • 執筆者の写真株式会社あわえ

徳島新聞連載記事掲載|がんと生きる


あわえ吉田 基晴代表の病との向き合い方が、徳島新聞に本日から5日間連載されます。

吉田がガン告知を受けたのは、2019年10月。最も進行の進んだ「ステージ4」での発覚でした。 代表本人はもちろん、あわえメンバーも人の死、命は有限であるという当たり前を思い知らされました。

しかし、代表は大手術を乗り越えて見事復帰!その後の勢いは、以前にも増して止まらず(笑。 なんと入院中に新法人を2つも立ち上げています。 ◆ご参考 一般社団法人ミライの学校:https://miragaku.or.jp/ 株式会社四国の右下木の会社:https://treecompany.jp/

復帰後の、時間には限りがあるのだから限りある時間をより良い未来のために使おうとする、 (もともといい意味で欲張り?な)代表は、ますます行動力が増しているように感じられます。あわえメンバーも、負けてはいられません!

不確実な時代、どう自分とまわりの環境と向かい合い、生きていくかは自分次第。きっとこれからの生き方に悩む方のヒントになります。ぜひご一読ください。


Comments


bottom of page